【新作・人気スマホゲーム攻略】ゲームウォーク-Game Walk-

新作や人気のスマホゲームを攻略していきます。

【ライバルズ】バズズ来たから氷塊ゼシカデッキ作ってみた。

      2018/02/06

レジェンドレアチャージがたまり、バズズが当たりました。

バズズ

スポンサードリンク

当たったら使いたいというのが自然な気持ちですよね。

ということで、氷塊ゼシカデッキを作ることにしました。

ただ、なかなかうまくいかず、かなり構築には悩みました。

氷塊を出してシナジーを組み合わせるというのはいいんですが、手札がすぐになくなってリソース切れになってしまうんですよね…

なんとかリソース切れにならないようなデッキを組むことはできましたが、シナジーはそこまで高くないので、氷塊ゼシカと言えるかどうかは微妙な所です。

デッキレシピ

氷塊ゼシカ

  • いたずらもぐら×2枚
  • モーモン×2枚
  • メラミ×2枚
  • たけやりへい
  • ドロヌーバ×2枚
  • フロストギズモ×2枚
  • セクシービーム
  • はぐれメタル×2枚
  • ジャガーメイジ
  • キャットバット
  • メラゾーマ×2枚
  • サイレス
  • 亡者のひとだま
  • オークキング
  • キラーパンサー×2枚
  • バアルゼブブ×2枚
  • かげのきし×2枚
  • マミー
  • バズズ

構築したデッキはこんな感じです。

名前は「炎と氷がそなわり最強に見える」まで入れたかったんですけどね…

文字数制限で、最強までしか入りませんでした(^_^;)

氷塊を作るカードはフロストギズモのみです。

凍てつく大地を入れてしまうと、手札消費が激しいので、入れていません。

その分、シナジーのあるカードも少なめになっています。

直接シナジーのあるカードはバズズだけですね。

間接的には、ジャガーメイジやキラーパンサーといった敵ユニットを多くして効果が発動するカード、氷塊を前列に出してノーダメージで敵ユニットを取れる貫通持ちのオークキング。

これだけとなっています。

なので、氷塊を絡めたコンボが決まることはそれほど多くありません。

そのため、フロストギズモは、シナジーのあるカードが手札になくても、出してしまいます。

氷塊に関係なく、フロストギズモがかなり強く、HP4あるので、ゼシカやテリーのテンションスキルで取られることがなく、攻撃力2あるので、有利トレードが簡単にできます。

ガチャコッコを出されても、フロストギズモとテンションスキルで取ることもできるので、そんなに苦にならなくなりました。

氷塊を出すだけでなく、MP3攻撃力2HP4というステータスもいいです。

手札に氷塊とシナジーのあるカードがなくても、場に出すと活躍してくれます。

バズズも同様に、氷塊がなくても取られそうになければ出してしまいます。

処理されなければ、ねらい撃ちを持っていますので、リーダーに6ダメージ入れることができます。

ライノスキングなど高HPのにおうだちユニットを出されても無視できるのが嬉しいです。

立ち回り

基本的にはアグロやミッドレンジと同じです。

氷塊に関してはそれほど意識しなくて問題ありません。

マリガン

MP1~MP2のユニットを残します。

具体的にはいたずらもぐら、モーモン、ドロヌーバですね。

たけやりへいは他にユニットがいないと活躍しませんので、他にMP1~2のユニットがあれば残します。

いない場合は、変えてしまって問題ありません。

スポンサードリンク

MP1~MP2のユニットがいない場合は、はぐれメタルを残します。

速攻を持っていますので、MP3からでも十分巻き返しを図ることができます。

これらが手札にある場合は、

テリー以外には亡者のひとだま、アグロ相手にはセクシービームのキープもオススメです。

亡者のひとだまは、効果を受けにくいので、ゼシカはもちろんのこと、奇数ミネアやククールのザキ、ピサロのオーレンにも強いです。

テリーの場合、武器で攻撃されてしまうので、キープしなくてもいいと思います。

テリー以外では、トルネコも亡者のひとだまを取られやすいですね。いかずちの杖がありますので。

とは言え、いかずちの杖よりも最近はバシルーラの杖のほうが流行っていて、バシルーラの杖は亡者のひとだまには使えないので、そういう意味では強いです。

なので、トルネコに関しては、難しい所ですね。

セクシービームは、相手ユニットを取って、別の相手ユニットにぶつけることで、2体同時に処理できる優れたカードです。

特にアグロ相手には、相手の出だしを遅れさせることができるので、オススメです。

序盤

先行の場合、MP2での動きがあれば、ユニットを出します。

MP2の動きがなければ、テンションアップします。

次のMP2のときに、ユニット+テンションアップという感じですね。

序盤は特にMPを使い切る動きが大事になりますので、ダメージを与えるよりもMPを使い切ることを意識していきます。

ただ、後攻の場合はテンションがたまっていますので、MP2での動きがなくてもユニットを出してしまって問題ありません。

中盤

盤面を取れているかどうかがカギになります。

盤面が取れている場合は、中型ユニットを出して、さらに盤面を取り、有利を拡大していきます。

盤面が取られてしまっている場合は、なんとか盤面を返しにいきます。

どうしても返せない場合は、盤面を無視してリーダーを攻撃していきます。

盤面ではなく、リーダーのHPで勝負を決めにいきます。

バーンダメージも出やすいので、盤面が取られていても、十分チャンスはあります。

氷塊に関しては、バズズが見えていれば、それに合わせて氷塊を出しておきます。

フロストギズモとバズズを両方出す場合、MP9必要になりますので、最後の最後でしかできません。

なので、フロストギズモは先に出して、氷塊を敵の場に作っておくことが重要です。

終盤

アグロ相手には、ユニットを処理して、リソース切れを狙っていきます。

もちろん、リーダーHPが削れている場合は、そのまま削り続けて、リーサルを狙います。

コントロール系など重い相手には、大型ユニットを出される前に決着をつけにいきます。

基本的にユニットは無視して、リーダーを狙います。

もし、リーダーのHPが削りきれずに大型ユニットを出されてしまったとしても、バズズで返すこともできますので、最後まで戦えると思います。

氷塊を入れたことで、その辺りが安定したのが利点です。

ただ何と言っても、氷塊を作るカードが少ないですね。

新パックで氷塊を作れるスノーモンというユニットが出るので、そこに期待したいと思います。

できればその他にも氷塊を作るユニットが来れば嬉しいですが。

どうなるでしょうね。

いずれにしても、新パックはかなり楽しみです。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

スポンサードリンク

 - ドラゴンクエストライバルズ